私と夜の女王と秋!

皆さま、こんばんは!
昨日・今日と、東京の空には入道雲がもくもくと立ち上っていました。夕暮れなどには遠雷が聞こえてきそうなその光景に、夏の戻りを感じずにはいられません。

雷、といえば私がよく演じさせていただいている《魔笛》夜の女王の登場シーン、楽譜のト書きには【雷がなる】とあるのをご存知でしょうか?
自然の大いなる力までも我がものとし、雷鳴を引き継ぐようなストリングスの音の中、夜の女王は初めてステージに姿を現わすのです。

もはや『本当に人間??』という感じですよね😅

私の女王のイメージは、
【神秘的な力を秘めた人間の女性。しかしそのパワーを自身の理性や知性によって身体の中に留めておけなくなった女性】
といったところです。

演唱場面は少ない(他の主要キャストに比べれば、)ですが、このようなキャラクターを一瞬で打ち出していかなければならないので、体力・気力ともに消費量はかなりのもの、です😵😵😵

しかし人間とはいえ、人知を超える力を駆使する女性ですから、舞台では奇抜なメイクになることが多いですね。
私の場合、自分でメイクをすることが多いので、派手で目立つ、ちょっとギョッとするような顔を作り出す(創り出す?)ためのアイテムには常にアンテナを張っております。

ここ数年のこの時期はハロウィンのパーティー用に、ド派手でキラキラぎらぎらのメイクアイテムが増えるので大助かりです 笑。買いだめして、次の出番に備えています。


いつでも、歌いに行けますよ〜♡

では、今日はこれから《てかがみ》のお稽古です。人間の28歳の女性を歌ってきます😁

ではまた〜😘








美しい日曜日に!

皆さま、おはようございます!
日曜日は、ただそれだけで嬉しくなってしまうソプラノ 倉本絵里です。

予想外に早起きしてしまった日曜日。まだ静かなカフェで、濃い目のコーヒーをお供に勉強、からスタート。


スターバックスの最近のカップの柄がお気に入りなのは、《魔笛》の夜の女王ばかりを歌っているからではない、と信じたい。

では、Have a lovely Sunday, my friends!!
😘







思考の季節!

皆さま、おはようございます!
今日の東京は高い空にうろこ雲、澄んだ空気でまさに『心地よい秋🍂』といった感じです。

☆道端に咲いていた彼岸花☆



さて、この頃は様々なことについて考える時間が取れています。
専ら自身の歌や将来のこと、出会いと別れについてですが、特に大きく『こうしていこう٩( ᐛ )و』みたいな結論を出す思考ではありません。
なんというか、思考を整理している感覚です。

そしてこういう時に思い浮かぶのは、今まで私と出会って、聞かせて、感じさせてくれた沢山の方々の声です。




私の耳とココロを通り過ぎていった甘く苦く、時には痛かったりした多くの声が、時間が経ったいま、スッと胸の中に落ちて新しい私を形成する。
不思議です。



私は、良いことも悪いことも聞き逃さず、必ず一度は自分で噛み砕き考え、私という器にしまっておく、決して忘れない、という長所?特技?を持っています。
その時の状況や身体の感覚なども鮮明に覚えている、言い換えれば忘れられないので、シンドイことも多いのですが😅

人の話しを聞くということが自分の財産になる、ということを教え、育ててくれた両親に感謝しなければなりませんね。




なんだかとりとめのない話しになってしまいました。(いつものこと⁈ 苦笑)
これも秋という季節のせいにして、どうぞお許しを♡

ではまた😘








【巨瀨励起ピアノリサイタル】

【巨瀨励起
            ピアノリサイタル】



☆主人のブログはこちら☆



本日はピアニストで私の主人でもある巨瀨励起のリサイタルをご案内をさせてください😆😆😆

歌や器楽の伴奏者として、またオーケストラの鍵盤楽器奏者として、あらゆる音楽に深い造詣を持ち、しかし職人的に寡黙に共演者を支えてきた彼が、6年3ヶ月ぶりにソリストとして、意欲的なプログラムを引っさげて皆さまの前で演奏いたします。
もちろん、演奏会当日は私も、妻として会場にまいります‼︎

チケットのお求めは私からも可能です。
是非多くの皆さまにお越しいただきたく存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます❤️



ではまた😘


幸福な調べに酔いしれる!

皆さま、こんにちは!
シルバーウィークは台風との戦いになりそうですね。身の安全を第一に考えて行動することにいたしましょう!


さて一昨日、木曜日の夜はこちらのコンサートへ行ってまいりました。

海野幹雄 チェロリサイタル
    10回記念スペシャルコンサート
                              〜仲間たちと共に〜

主人が仕事で度々ご一緒させていただいているチェリスト海野さんは、音楽は言わずもがな、お人柄も大変素晴らしい方で、昨夜はそんな海野さんの魅力を余すところなく感じられるコンサートでした。

意欲的で洗練されたプログラムもさることながら、彼の10回記念コンサートを祝い、そして支えるために集結した【仲間たち】の心意気と演奏は圧巻。
それは皆々さま、ソリストとしても一流の方ばかりが集まっているのですから当たり前といえばそうですが、耳に目に、そして心にまで清々しく流れ込んでくる音楽に大興奮いたしました。
信頼できる仲間と音楽する姿は、こちらまで幸せな気持ちにしてくれるものですね😆



なかでも、P.ヒンデミットヴィオラとチェロのための二重奏曲〉は懐かしさを覚えました。
と言いますのも、私が新国立劇場オペラ研修所13期を修了する時に歌ったのがヒンデミットの《カルディヤック Cardillac》(日本初演)娘役だったからです。
繊細で美しいメロディーを紡いだと思いきや、それをごまかすように現代的手法で書かれた音楽を鳴らしてしまう。
どこかシャイな感じのするヒンデミットの音楽は、演奏当事者として関わったときはなかなかカラダに馴染まず苦労しました😭
しかし聴き手としては思わず惹きつけられてしまう、魅惑の音楽。

まだ触れたことのない皆さまには是非、お勧めしたい作曲家です♫
YouTubeより ↓ 


ではまた〜😘



☆おまけ☆
コンサート前の腹ごしらえ。その名も大人のお子さまランチ😋
食いしん坊バンザイ💕