皆さま、こんにちは!
ブログおさぼりがちなソプラノ 倉本絵里です。いつもチェックしてくださる皆さま、申し訳ございませぬ😣

さて、あっという間に高岡《魔笛》の本番が日曜日に迫ってまいりました!
というわけで、移動中🚅💨💨💨

新幹線に乗るときは、いつでも少しウキウキしてしまいます(^-^)



ところで皆さま、突然ですが、夜の女王を色で表すとしたら何色を選びますか?

私はブラック(またはすごーく深いブルー)とシルバーですね。
ロイヤル・オペラハウスのD.マクヴィガー演出《魔笛》はイメージにぴったり!

漆黒の闇と輝く星、蒼白い光を放つ月🌙
留学時代、オペラハウスで見た夜の女王をイメージしたステージ模型の美しかったこと✨

でも、今回の高岡《魔笛》の衣装はブラックではないんです。
色は本番までのお楽しみ💕ですが。

ネイルカラーを衣装に合わせて変え、そのことを伝えずに主人に見せたところ、『あぁ、女王カラーね』と即答。
よくわかったね!と驚いていたのですが、だって高貴な色だから、と。

ハッとしました。

高貴 Noble
品位 Dignity

音楽が、色が与えてくれるこれらのイメージにふさわしい歌を、立ち居振る舞いを、私はできているのだろうか?、と基本に戻らせてくれる言葉でした。

今日はホテルでゆっくりできそうなので、ネットを使って参考とする女優さんや歌手、王族などの画像や動画をチェックして過ごそうと思います!

では、行って参りまーす😆