気持ちのいいひな祭り当日ですね〜🎎🌸
先日のお雛様ネタにつづいて、私の、ひな祭りといえば、をもうひとネタ😃

皆さまはこの歌曲をご存知でしょうか?

ひなの日は
詩 堀内幸枝
曲 中田喜直


中田喜直さんの歌曲は人気があって、演奏会などで聞く機会も多いですよね。
でも、この〈ひなの日は〉は、そこまで演奏機会が多くない作品かな、思います。

私がこの曲を知ったのは大学1年生か2年生の時です。
先輩が歌っていらっしゃって、可愛いらしいな〜、と思い、先輩のご好意に甘えてちゃっかり移調譜をゲットしました。(今でもこの譜面を大切に使っています。手書きですが、とっても見やすくてキレイ✨✨✨)

学校を離れてしばらくはこの曲を歌う機会がなかったのですが、留学の際、機会があったらロンドンの皆さまにも日本歌曲を聞いてもらいたいな、と考え、大量の楽譜をガサゴソと漁っていて見つけました。

ひな祭りという題材もメロディーも、日本特有でピッタリ♡と、即決。(実際に留学中に歌いました😆)
久しぶりに歌詞を読み歌ってみたら、あら不思議。学生の頃とは全く違ったイメージが湧いてきて、途端に大大大好きな曲になりました。

モノクロだったものがカラーになって、匂いや温度まで感じられるようになった、とでも言いましょうか。
それはそれは、跳びはねたくなるくらい幸せな気持。

この曲が好きというか、このような体験が好き、というか。
どちらにせよ、大切に歌い続けたい一曲です😊💕



春になると
小川の水がとけましょう
長く長くつづきましょう

ひなの日は
やわらかい日差しにまっ白い蝶が
舞いましょう

私は小川のふちで
長い髪を結いましょう

ひな酒に
あかく頬をそめましょう
それから

髪に桜かざして
平安朝のおとめみたいに
あなたに会いにゆきましょう


こちらで少しだけ、試聴できるようです ↓ 💿🎶