こんばんは!
ひと雨ごとに秋が近づいてくる気配がいたします。
空が高くなり、雲が薄くたなびく。
もう少ししたらひつじ雲が浮かぶのでしょうね。美しく、かつ美味しい日本の秋がやってきます🍂🌰🍠🍇



今朝の私はそんな素敵な秋を心待ちにしながら、街路樹の剪定をしている横をルンルン♫と通りました。
すると、草を刈ったときに出る、特有のあの香りが
小学校の帰り道、走り回りながら嗅いだ懐かしい香りが!!


苦手な方もいらっしゃるでしょうし、花粉症で苦しまれる方は『憎っくきあの香り〜!』となるかもしれませんが、私はすごく好きなんです。


私はこう思いました。
『むせ返るような草いきれだなぁ』と。


ここで疑問。
"『草いきれ』の語源は何かしら⁇ "


調べてみてビックリ。
『草いきれ』は私が嗅いだ草の香りのことではなくて、【夏の強い日差しのせいで草むらで発生する、むっとする熱気】のことなのですね😵
しかも夏の季語でした。




では、私の好きなあの香りには名前が付いていないのか?
ただの『草の匂い』なのか⁈

調べました。
語源を調べる、という本来の目的を忘れて 笑。

そして見つけました。
こう呼ばれているのだと思います。

緑の香り
なんて素敵😍💕
ますます好きになりました😆✨

脳神経を活性化させたり、集中力が落ちてきた時の疲労回復に役立つそうです。
なるほど、なるほど。




秋になり葉が落ちるまでに、まだまだ嗅いでおきたい『緑の香り』。
あぁ、故郷・北海道が恋しくなりました。

ではまた〜😘