【風と緑の楽都音楽祭 2018】の私が出演する公演が先ほどすべて終わりました。

指揮の天沼裕子さんや共演者はもちろん、オーケストラ・アンサンブル金沢さんや各所のホールスタッフさん、マネジメントの平泉さんと田中さん、そして心から拍手を送ってくださった沢山のお客様。
私たちの音楽を支え、激励してくださった全ての皆さまに感謝申し上げます。

夜の女王をこんなに過酷なスケジュールで歌ったことは初めてでしたので、正直申しまして身体も気持ちも元気な状態を保つことが難しかったのですが、そんな中でも良い演奏を紡ぎ出す方法を勉強できた気がしています。

昨夜5月4日の石川県立音楽堂での公演終了後、マエストラから力強い握手とともに『おめでとう』のお言葉を頂戴することができ、諦めずに自分の音楽と闘い続けることの意味を改めて心に刻む機会となりました。

この素晴らしく、そして貴重な経験を糧に今月これからどんどんと押し寄せる本番たちを全力で歌いきりたいと思います。
写真や思い出話しなどは後ほどアップしたいと考えていますが…いつになるかは……(以下省略😅)。

これから東京へ帰ります。大好きな “かがやき” に乗って❣️
ではまた😘