ご無沙汰いたしております。ソプラノ 倉本絵里です。

まずは台風21号および北海道胆振東部地震で被災された方々、そしてそのご家族に心よりお見舞いを申し上げます。
天災とはいえ重なる不幸なニュースに心まで折られてしまわぬよう、助け合って乗り越えましょう。
近くでその手を握って差し上げることは出来ずとも、心を同じにしている人は世界中にあふれています。どうかどうか、ご自分の命を大切に行動なさってください。

さて、かくいう私も北海道北広島市の出身。両親をはじめ親戚が札幌圏にいますし、胆振管内にもいます。
地震発生から数時間後に家族の安全は確認できましたが、そこからは停電・電波状況の悪化により連絡が取りづらい状況でした。(停電だと携帯電話等の充電ができませんから無闇やたらに連絡を入れてバッテリー消費を増やすことが憚られました)
先程母から『家の付近に電気が戻った』と連絡があり、はじめて心からホッとできました。

離れて暮らすことの様々な恐怖が一瞬にして押し寄せて、心が痛みました。それと同時に明日は我が身、という思いでいっぱいです。

停電・断水が続いている場所もまだあります。【困った時はお互い様】です。できることは何でもして助け合いましょう。こういう時こそ人と人が目を見て話しをし、手を取り合うことが肝要と思います。

ではまた。