演奏会情報

【出演情報】昭和音楽大学 第43回 メサイア 〜最新の記事は『【出演情報】』より下に更新されます〜

皆さま、こんにちは!ソプラノ倉本絵里です!

夏真っ盛りではございますが冬の出演情報をご案内させてください。


G.F.ヘンデル作曲
昭和音楽大学
第43回 メサイア 

日時:2018年12月15日土曜日

          15:00開演(14:15開場)

場所: 昭和音楽大学「テアトロ・ジーリオ・ショウワ」 (小田急線・新百合ヶ丘駅南口徒歩4分)

指揮:山舘冬樹
ソリスト:ソプラノ 倉本 絵里
                  アルト 髙橋 未来子
                  テノール 中島 健太
                  バス 田村 洋貴
チケット:全席指定9/5(水)より発売開始
一般 S席 2,500円  A席 2,000円  B席 1,500円 / 学生 1,000円
※未就学児はご入場できません。

チケットのご予約は私からも可能です。お気軽にお問い合わせください。
また、そのほかのお問い合わせ等は下記の昭和音楽大学HPよりお願い申し上げます。


2009年・16年に続いて三度目の出演です。大好きなヘンデルの音楽を大切に、しっかりと歌えるように準備してまいります!
チラシが出来上がりましたら情報をアップいたしますね♫
ではまた〜😘







終演《ホフマン物語》!

かねてより(しつこく)ご案内させていただきましたオペラ《ホフマン物語》が無事に終了いたしました。
ご来場賜りましたお客様、また激励の気持ちをお寄せくださった全ての皆さまに心より感謝申し上げます。

オペラの思い出は沢山ありますが今夜は御礼のみとさせていただきます。

ではまた😘

Lots of thanks from Olympia in the tales of Hoffmann
IMG_5295












【出演情報】オペラ《ホフマン物語》

念願の北海道での本格オペラデビューです!
北海道にお住いの方もそうではない方も、夏の札幌とそれより熱い愛の物語を味わってみてはいかがでしょうか?
チケットのご予約はわたくしからも可能です。ブログのコメント欄にご連絡ください♫


LCアルモーニカ15周年記念公演
J. オッフェンバック
ホフマン物語
Les contes d’Hoffmann by J.offenbach
全5幕 原語上演(字幕付)

2018年8月5日(日)14時開演
札幌市教育文化会館 大ホール

指揮 杉原直基
演出 三浦安浩
管弦楽 オーケストラHARUKA
合唱 L.C.A Coro
バレエ 桝谷博子バレエスタジオ

キャスト
ホフマン 上本訓久(客演)
ニクラウス / ミューズ 岩村悠子
リンドルフ他3役 大塚博章(客演)
オランピア 倉本絵里(賛助)
アントニア 南出薫
ジュリエッタ /アントニアの母 斉藤みゆき
スパランツァーニ / 
          シュレーミル(客演)岡元敦司
クレスペル 大野浩司(賛助)
ほか

チケット
S席 10,000円 A席 8,000円 B席 6,000円
C席 4,000円(自由席)

IMG_2039
IMG_2040

















リフレッシュ!

皆さま、こんばんは!30℃超えの札幌でも涼しい✨✨✨と感じたソプラノ 倉本絵里です!

本州では台風12号が猛威を振るっていますね。被害が大きくならないことを祈るばかりです。

さて、私は7月26日に来道、来たる8月5日日曜日のオペラ《ホフマン物語》本番に向け、オケ合わせ※1とオケ付衣装付通し稽古に参加しておりました。
※1 “オーケストラ合わせ” の略。オーケストラの音で実際に歌い音楽の方向性や約束事を確認する稽古
オペラの詳細はこちら。
チケットご予約(C席以外)まだまだ承っております↓
FullSizeRender

本番一週間前にオケ付通し稽古ができるのは大変に有難いことです。
歌い手とオーケストラの双方が音楽に慣れたり、出来ないところ・合わせなくてはならないところなどを確認したりできるからです。

そして本日は✨お稽古がトリになった✨ので(お休みになった、の意)、お世話になっている方にご挨拶に行ったり細々としたことを処理したりする1日でした。


そして本日のメインはこちら💁‍♀️
【スイートハーツ ナンポ sweet hearts NAMPO】へお邪魔すること♡
お店のフェイスブックページはこちら↓
お店のインスタグラムはこちら↓

このお店はJR桑園駅から少し離れたところ(札幌市中央区北7条西15丁目1-22)に今年5月にオープンしたばかりのパティスリー🍰&ブーランジェリー🥐です。
そしてそして、私の音大時代の同期生のご主人のお店でもあるのです!
彼は数年前に札幌で大きなタイトルを受賞するなど注目の若手パティシエで、新聞などでも取り上げられている話題の人・お店なのです。
ずっとずっと食べてみたい!と思っていたので母と連れ立って出かけてみました。

IMG_5191
FullSizeRender
⚠️商品の写真撮影はお店の方から許可を得ています

可愛らしい店内に目移りしてしまうケーキ・パン・焼菓子が並んでいてワクワクしてしまいました。
母がお店の名前がついた『南保ロール』を買ってくれました。
FullSizeRender

生地もクリームも濃厚(黄色を通り越してもはや薄いオレンジ色の生地とカスタードクリーム!)、だけどサッパリすっきり食べられる味。とても美味しかった〜😍💕
これで明日からのお稽古も頑張れそうです!

ではまた😘









ただいま、おかえり、いってきます!

皆さま、こんばんは!ソプラノ 倉本絵里です!

本日兼ねてからご案内しておりましたPIVOT!ランチタイムコンサート vol.47〜薫るヨーロッパの風】が無事に終了いたしました。
会場にお越しくださいましたお客様をはじめ、応援のお気持ちをお寄せくださった全ての皆さまに感謝申し上げます。

今回の企画では初めての単独MCに挑戦。
『絵里の部屋』と題してコンサート前半は共演者おふたりの声でわたしが聴きたい歌を並べ、私も客席で聞かせていただく、というなんとも贅沢でワガママな企画をやらせていただきました。
MCに関しましてはお聞き苦しい点が多々あったことをこの場を借りてお詫び申し上げますm(_ _)m

しかし!
私の選曲眼(⁈)に狂いはありませんでした。アリア・日本歌曲ともに立川さん・松中さんの魅力とお人柄がキラキラと輝く、素敵な時間でした✨✨✨

そして後半。
私が歌ったのは《ナクソス島のアリアドネ》より “偉大なる王女様” でした。
この曲、実はお客様の前で披露するのは今日が初めてでした。本番前の緊張が半端なかったです💦
コロラトゥーラ・ソプラノのレパートリーを持つ者としてはいつかは通らねばならぬ曲。その『はじめまして』をPIVOT!で迎えられたこと、とても感謝しています。
今できるベストを尽くしたものの完璧、とはいえない演奏でしたので、これからもっともっと磨きをかけていきたいと思います。
泥んこ団子だって磨き続ければピカピカの美しい芸術品になるのですから!!笑

今回、オランダ・アムステルダム在住の立川さん、イタリア・トリエステから帰国したばかりの松中さんとPIVOT!に出演して思ったこと。
それは、「ただいま」と言えば「お帰りなさい」と迎えてくれて、元気と勇気をもらって「いってきます」「いってらっしゃい」と送り出してくれる場所があることの有難さです。

全ての音楽家がそのようなスペシャルな場所を持っているわけではないと思います。
いつものこの場所で私たちを迎えてくださるPIVOT!の林よう子さん、小山さん、ご協力くださるレストランMaestroの皆さま、本当にありがとうございます!
与えてもらったチャンスを生かし、寄せていただく信頼に応えられるようにここからまた、それぞれの道を歩いていきます。

長くなってしまいました〜。(←いつも)本日はこのあたりで。
ではまた😘

IMG_2211
IMG_5072
☆左から巨瀨さん、私、松中さん、林さん、Wilfredさん、立川さん☆

IMG_5071
☆いざ、開演!☆

♫本日のプログラム♫
R.レオンカヴァッロ
《パリアッチ》より 鳥の歌 (立川)

N.リムスキー=コルサコフ
《サトコ》より 北欧商人の歌(松中)

山本正美
ねむの木の子守歌(立川)

武満徹
死んだ男の残したものは(松中)

【お誕生日コーナー】
キャンディーズ〈暑中お見舞い申し上げます〉

G.プッチーニ
《トゥーランドット》より
氷のような姫君の心も(立川)

W.A.モーツァルト
《魔笛》より
この神聖な殿堂の中では(松中)

R.シュトラウス
《ナクソス島のアリアドネ》より
偉大なる王女様(倉本)

G.ヴェルディ
《マクベス》より
息子よ、足下に気をつけて…さらに暗い影が(松中)

W.A.モーツァルト
《コジ・ファン・トゥッテ》より
岩のように動かずに(立川)