演奏会情報

☆ありがとうございました☆

昨日、高岡文化ホールにて、《モーツァルトが語る美しき『魔笛』》が無事に終演いたしましたことをご報告申し上げます。

ご来場賜りました皆さま、お心をお寄せくださった皆さま、すべての関係者に感謝申し上げます!!
ソプラノ 倉本絵里



あっという間に終わってしまいました〜。高岡入りしてからは怒涛のスケジュールで、大仏様にご挨拶にすら行けなかった😣
北陸の皆さんは本当に心が温かく、立山連峰の清々しさと同じくらい、心晴れ晴れとステージに立たせていただきました。
素晴らしい演唱だった祭司・侍女役の皆さま、心を尽くして演奏会を支えていただいたスタッフの皆さま、お世話になりました♡
音楽で繋がったご縁が今後も続きますよう、精進いたします!!



思い出の写真などは少しずつアップしていこうと思いますが、今回の私はこんな感じでした、の一枚を♫

テーマカラーは【パープル】でした!ネイルも付け毛もパープルで統一させました(^-^)

カラーについて!

皆さま、こんにちは!
ブログおさぼりがちなソプラノ 倉本絵里です。いつもチェックしてくださる皆さま、申し訳ございませぬ😣

さて、あっという間に高岡《魔笛》の本番が日曜日に迫ってまいりました!
というわけで、移動中🚅💨💨💨

新幹線に乗るときは、いつでも少しウキウキしてしまいます(^-^)



ところで皆さま、突然ですが、夜の女王を色で表すとしたら何色を選びますか?

私はブラック(またはすごーく深いブルー)とシルバーですね。
ロイヤル・オペラハウスのD.マクヴィガー演出《魔笛》はイメージにぴったり!

漆黒の闇と輝く星、蒼白い光を放つ月🌙
留学時代、オペラハウスで見た夜の女王をイメージしたステージ模型の美しかったこと✨

でも、今回の高岡《魔笛》の衣装はブラックではないんです。
色は本番までのお楽しみ💕ですが。

ネイルカラーを衣装に合わせて変え、そのことを伝えずに主人に見せたところ、『あぁ、女王カラーね』と即答。
よくわかったね!と驚いていたのですが、だって高貴な色だから、と。

ハッとしました。

高貴 Noble
品位 Dignity

音楽が、色が与えてくれるこれらのイメージにふさわしい歌を、立ち居振る舞いを、私はできているのだろうか?、と基本に戻らせてくれる言葉でした。

今日はホテルでゆっくりできそうなので、ネットを使って参考とする女優さんや歌手、王族などの画像や動画をチェックして過ごそうと思います!

では、行って参りまーす😆


オペラのお稽古ですよ!

週の真ん中水曜日、2月はじめの1日を皆さまはいかがお過ごしでしたか?

私は19日に高岡で公演がある《魔笛》のお稽古へ行ってまいりました🙂✨

本日のお稽古の様子 ↓ 
みんな、いい笑顔ですね〜😁

え、どのへんがオペラのお稽古か、ですって⁇
それは観てのお楽しみです😙💕
いい汗をかきながら作品を作っています!

皆さま、是非足をお運びくださいませ〜♡

🎵公演詳細はこちら🎵

またまた、魔笛!

新春にふさわしい青空が続きますね!清々しい気持ちになります(*´∇`*)

さて今日は、2月に高岡で歌わせていただく《魔笛》のご案内です♫
2015年4月に小松市で上演したものを再演いたします。

この《魔笛》、通常のハイライト版とは異なり、役者の武井雷俊さんをモーツァルト役に迎え、『なぜ魔笛の音楽は美しいのか?』を楽しく学べる企画となっております。

指揮は天沼裕子さん。新国立劇場オペラ研修所でお世話になって以来、優しく、時にビシバシと、成長を見守っていただいております。
お会いするたびに掛けていただく「あなたの声は特別よ。頑張んなさいよ〜!!」の言葉に勇気付けられております😌✨✨

また、今回は富山の皆さまが侍女や神官役として出演なさいます。
皆さま、是非足をお運びくださいね〜♡



メサイア、終演!

【御礼】
昨日、かねてよりご案内させていただきました昭和音楽大学《メサイア》公演が無事に終演いたしました。
会場に足をお運びいただきましたお客さまをはじめ、応援のお気持ちを寄せていただきました皆さまに、この場をお借りして御礼申し上げます。
ありがとうございました!

ソプラノ 倉本絵里



というわけで、歌わせていただきました♫ やはり緊張しました〜😅
しかしそれよりもヘンデルの音楽に包まれる喜びでいっぱいでした✨

第3部冒頭、ソプラノのアリア『I know that my redeemer liveth』で、オーケストラの響きを聴きながら立ち上がった瞬間、今までに感じたことのない、強く優しい気持ちが湧き上がるのを感じました。
" 私はキリストの復活を知っていて、喜びを持ってそれを迎え入れるのだ" と語ることは、なんと誇らしく、清々しいことか。
そんな思いが少しでも、私の体と声を通して伝わっていたらいいなぁ、と思っております。

メサイアはとっても難しいですが、是非また歌いたいです😆ヘンデルの音の洪水に包まれる喜びを、もっともっと味わいたいです!!

最後になりましたが、指揮の山舘先生をはじめ、ソリスト・合唱団・オーケストラ・舞台スタッフ・事務局・大学関係者、何より常に支え続けてくださった清水まり先生、お世話になりました。心からの感謝を!!

昨日の私はこんな感じ♫

師匠と♡♡♡