演奏会情報

Che belle photos ! ②

コンサート後半の様子をご覧ください!


後半の舞台は【Che bella vita!】が合言葉の仮面舞踏会。
私は謎のイケメン、その名もアベ・コーベ!
台本・構成・演出の三浦安浩さんの描くアベ・コーベのキャラクター作りが毎回楽しかったです♫
写真 左から、
黒木直子さん(ピアニスト)
江口二美さん(ソプラノ。前半 作曲家の妻でオペラ歌手、後半 謎の美女)
青栁素晴さん(テノール。作曲家)
わたし
三浦安浩さん台本・構成・演出)



仮面舞踏会で出会った謎の美女を自身の愛人、またゴーストライターでもあるエリカだと勘違いした作曲家。(実は自分の奥さんなのに気がつかない)
二人でちょっとエッチなロッシーニ〈猫の二重唱〉🐈🐾🐈


アベ・コーベ氏、十八番を熱唱🎤
なぜか仮面の美女と作曲家はコーラスを。
モノマネの大変さを実感している瞬間です😅
マイクを持つ右手の位置が高すぎますね。反省。


謎の美女をメリー・ウィドウの二重唱で口説くアベ・コーベ(私がカミーユ(テノール役)を歌いました!)。
その様子をドキドキハラハラ、そしてちょっぴり興奮気味に⁈伺う作曲家。おやや?衝立がこんなに近くまで動いてきている⁉️


最後には、謎の美女=妻アベ・コーベ=エリカ(愛人)が結託し、作曲家をこらしめるためパーティーで一芝居ふた芝居?打っていたことが明らかに💡
ヨハン・シュトラウスⅡ世 J. Strauß Ⅱ オペレッタ《こうもり Die Fledermaus》にかけて、作曲家がひとこと。

『すべてはシャンパンの泡のせいなのさ!』

で大団円となりました!



このあと、エリカはどういう風に生きていったのでしょう?
皆さまそれぞれのご想像にお任せいたしますが、私だったら……。

とにもかくにも、作曲家の妻とはとても仲良くなれたのは間違いないですね😁👍🏻
スピンオフ作品も作れそうなほど、想像力を掻き立てるストーリーだったと思います。

たった一夜の上演ではもったいない!どこかで再演できたら嬉しいです😆💕

ではまた〜😘





☆おまけ☆
会場にいらした方も全員は気がつかなかったかもしれない、こちらの垂幕(形容しがたい😓)。
会場の下手袖(レストランのバーカウンターのすぐ脇)に置いてあり、待機場所隠しとして使用しました。
実はこれ、私の手づくりです‼️
自分のなかで完成形をイメージし、100円ショップの店内をグルッと二周ほどすると必要なものが揃います。
あとはチマチマと手を動かし、何度か手直しを加えて完成です。
譜面台に取り付けてちょうどの長さ、折り畳めて持ち運び楽チン。
借りたい〜、という方は是非ご一報ください 笑。















Che belle photos ! ①

こんにちは!
前回お伝えしたように、【Che bella vita ! 〜嗚呼、素晴らしき  珍生!〜】の思い出を写真で振り返ってみようと思います。
前回のブログはこちら ↓ 
では、いってみよーう!!


コンサート前半の私は、
青栁素晴さん(テノール)扮する作曲家の愛人かつゴーストライター、そしてその屋敷のメイドまで務めるエリカ
働き者ですね😅
その作曲家の妻でオペラ歌手の江口二美さん(ソプラノ)と何やら示し合わせている時の一枚がこちら。私、悪い顔をしています。


みんなでシャンパンの歌🍾🥂✨
ん?良く見ると青栁さんの手にはビール⁈
ノンアルコールです♡

前半の出演者の装い
黒木直子さん(ピアニスト)が手にしていらっしゃるのは、メイドのエリカが大切にしているお掃除道具。
エリカというキャラクターを演じるにあたり、これに随分と助けられました〜😂




後半の写真も乞うご期待!

ではまた😘






☆嗚呼、素晴らしき一夜☆

こんにちは!ソプラノ 倉本絵里です!

昨夜、Che bella vita! ~嗚呼、素晴らしき  珍生!~が無事に終了いたしました。


超満席の熱気溢れる会場で、お客様の笑い声、あたたかな拍手や手拍子、共演者やスタッフとの阿吽の呼吸をビリビリ感じられる、刺激的な一夜となりました。
この公演に関わった全ての皆さま、また応援のお気持ちを寄せてくださった皆さまに、心から感謝申し上げます。ありがとうございました!


今回のコンサートでは初めてのズボン役(女性歌手が男性役を務める際にこう呼ぶことが多いです)に挑戦、しかもイケメンという設定でした。
お仕事で知り合った俳優さんや宝塚の男役さんなどからヒントを得てキャラクターを作り、共演者からアドヴァイスをいただきながら練り上げてまいりました。
そして、地道にヒップアップ🍑エクササイズも頑張りました😁



今回私が歌った曲はこちら ↓ 

九州で雨が降る歌
雨が降っていい人を思い出す歌(部分)
春の声 Frühlingsstimmen
一週間(ロシア民謡)
アルフレードとヴィオレッタの二重唱《椿姫 第一幕》 Ah se ciò è ver, fuggitemi(部分)
行こうヴァラシュディン《伯爵令嬢マリッツァ》Komm mit nach Varasdin !
シャンパンの歌《こうもり》
復讐の炎は地獄のように我が心に燃え《魔笛》Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen
心の庭の薔薇の花は《メリー・ウィドウ》Wie eine Rosenknospe im Maienlicht erblüht(カミーユ)



こうして書き出してみると、なかなかハードに上へ下への大騒ぎな曲目ですね 笑

写真などはまた別の機会にご紹介できれば、と思います。


ではまた〜😘







残席わずか!

涼しい日が続く東京です。今年の夏は、時期や量など、本当に異常な雨が続きますね。地球温暖化の影響なのでしょうね。

さて、この(更新頻度少なめな💦)ブログで度々ご案内をさせていただいております《Che bella vita!〜嗚呼、美しき 人 珍生!〜》  http://soprano-kuramotoeri.blog.jp/archives/22460085.html  ですが、有難いことに、残席わずかとなっております。

写真のように、キャスト・スタッフ一同心を込め、誠実に作品を育てておりますので、ご興味を持たれましたらお早目に、チケットをお申し込みくださいませ!
【オペラサロン・トナカイ】

ではまた〜😘




左から
黒木直子さん(ピアニスト)
江口二美さん(ソプラノ)
青栁素晴さん(テノール)
私(倉本絵里 ソプラノ)

タイトル『躍動』

どんな場面かは見てのお楽しみ♡





稽古をのぞき見!

東京は『今日は少し涼しいな』と感じられる日が続いています。
そして夕立も、続いています😵

皆さま、こんばんは!

さて、前回のブログで宣言したように、24日コンサートhttp://soprano-kuramotoeri.blog.jp/archives/22460085.htmlの稽古風景(7月31日分)を載せていこうと思います。

今回はほとんど出ずっぱりの台本で、自身で写真を撮る暇もなく、オペラサロン・トナカイさんのものをシェアさせていただきます。





演出プランの説明を受けながら。
今回に限らず、台本や原作、音楽の作者自身から考えを聞けることはとっても貴重で、得難い経験です。

作曲家とメイドのシーン
何だかワルイ顔をしていますね😏

作曲家と妻(オペラ歌手)のシーン
作曲家は何に驚いている⁉️






初めての立ち稽古の様子でした。

やればやるほどアイディアが生まれ、表現する身体と呼吸が出来上がってきます。
オペラ歌手はいつでも、頭と身体をフル稼動させて演じています。
本当に大変ですし、汗だくにもなるし、頭から煙が出そうなくらいにいっぱいイッパイになることもあります。

でも楽しくて、
大好きで、
やめられない、
やめたくない😆✨
中毒性あり 笑

稽古後のビールもおいし(以下略)。



皆さま、チケットは絶賛発売中です!
【オペラサロン・トナカイ HPはこちら】

この作品の初演を、ぜひご覧くださいませ〜😘💕