日々のあれこれ

金沢の、夏の思い出!

皆さま、こんにちは!
なんだかんだとバタバタしておりまして、やっとこさ皆さまに、私が出会った素晴らしい金沢を、ご紹介する準備が出来ました😂
金沢旅行の目的などについてはこちらをご覧ください♡ ↓


ざっくりですが、ご覧ください。
また行きたい
味よし人よし
景色よし
の金沢を、どうぞ〜😘



Day1 金沢到着
ひゃくまんさんとの出会い


死神Day1鑑賞後
主人と駅近くの回転寿司へ。クオリティ高し。白えびうまし。

金沢Day2 【のどぐろ飯】
香林坊という地域にある、のど黒めし本舗【いたる】に行ってきました。
のどぐろは秋冬が旬のお魚ですが、そんなことは関係なく、本当に美味しい!!
うなぎの櫃まぶしと同じ食べ方でしたが、中でも私たち夫婦が気に入ったのは『のどぐろのスープ』でいただくお茶漬けバージョン。
このスープが濃厚。特に!最後の一滴まで使うことで、濃ゆ〜いスープがいただけます。お腹がいっぱいでも、ここは是非頑張って、最後まで飲み干していただきたい!
写真を見比べて左より右の方が色が濃いのが伝わりますでしょうか?
ああ、食べたい。
いますぐ食べたい。

Day2 茶屋街
まずは比較的静かな主計町茶屋街を散策。のち観光客であふれるひがし茶屋街へ。


死神Day2 鑑賞前
金沢おでん(車麩・鰯のつみれ・大根)と地酒で鑑賞準備を万全に。

石川県立音楽堂 邦楽ホール横にあったミニチュア歌舞伎。
軽い気持ちでスイッチを押したら5分くらい動き続け、開演に間に合うかハラハラ。

死神Day2 鑑賞後
帰りの新幹線でも美味しい♡
お魚はたくさんいただいたので、最後はお肉♡♡♡



ではまた〜😘







明かりのマジック!

皆さま、こんにちは!

今朝はテレビ朝日の『題名のない音楽会』を観るため、テレビの前でスタンバイしておりました。
というのも、以前主人が収録に参加させていただいた(演奏側です)回の、未放送だった曲が今回流れるというから。
小さくですが割と写り込んでいて、楽しみました📺



さて、旅の思い出(主に金沢の美味しい食べ物について 笑)は後ほど写真を整理してから、と思っております。
何を食べても美味しかった✨
ビバ美味金沢フード✨✨



というわけで。
今日は、私がオペラの舞台に立たせていただく時に大切にしたいと考えていることの一つを、自分のために書き記しておこうと思います。



現代のオペラ公演において、【照明】の重要性は言うに及ばずかと思います。
明かりの色・強さ・形・方向や、点灯消灯のタイミングやスピードで、観客にのみならず、演者にもインスピレーションを与えます。

舞台で皆さまがご覧になる照明は、

照明プランナーさんが演出家と打合せ・稽古場にて演者の動きのチェック
・実際に照明をプログラミング(タイミング等も楽譜の音で決定)
・会場入りしたら、照明チームが仕込み&舞台セットに合わせて明かり調整
演者の舞台稽古・G.P.の動きやタイミングに合わせて開場時間ギリギリまで明かり調整

大まかに言ってもこのように、膨大な時間と労力をかけて作られております。



私は舞台での稽古(時間がうまく取れない時は、場当たりとG.P.のみになることも多い)において、照明の色・形・どこから当たっていて、いつ点いていつ消えるのか、を素早くキャッチし、自身の演技や歌唱に取り入れていくことを心がけています。

先に述べたように、そこには演出家の意図や音楽への解釈がまるで魔法のように美しく、また明確に広がっているからです。
そしてそれらは本番が終わるまで、常に私に寄添い、最後まで表現の可能性を示していると確信しているからです。

自分の経験のみならず、色々な舞台を拝見していても、「うまいな〜、素敵だな〜」と思う方は、光を効果的に浴びたり、使ったりしていらっしゃると思います。





またもや長文になってしまいました😵
今日はこのあたりで。

ではまた〜😘



束の間の夏休み!



北陸新幹線 かがやきに乗って金沢へ(ただ今富山駅〜)!

何年かぶりに『夏に旅行』をしています。
といっても、メインは主人がコレペティ&オケメンバーとして関わらせていただいております、こちらのオペラを観ることです。

オペラ《死神》

池辺晋一郎さん作曲で日本語のオペラです。今回は元ネタの落語がオペラ上演前に聞ける、という、何ともお得な企画。

楽しんできたいと思います!
そして、今回わたしはお仕事ではないので、美味しいものを食べたり飲んだり、北陸を満喫したいと思います😊💕

ではまた〜😘

私の名は!

こんばんは!ソプラノ 倉本絵里です!

一昨日のことになりますが😅
24日コンサートhttp://soprano-kuramotoeri.blog.jp/archives/22460085.html の初立ち稽古ということで、早めに練習会場の最寄り駅まで行き、スターバックスでコーヒーをいただきながら、 送付するチケットにお付けする手紙を書いたりしました


一昨日はすごーく暑かったので、私にしては珍しくアイスのカフェラテを。
スタバの店員さんは時々、こうしてメッセージを書いてくださいますね。ほっこりします😌

これを見て思い出したのは、ロンドンでの私の密かな挑戦です。

ロンドンだけではないかもしれませんが、彼の地のスタバでは取り間違いが起こらないよう、オーダーの際に客の名前を尋ねてカップに書き、受渡しの際に名前を呼ぶ、というシステムがありました。(今もそうかな?もう3年も前の話なので😅)

私の名前【ERI】は、ロンドンでは馴染みがなく、なかなか聞き取ってもらえませんでした。
よく間違えられたのは、
【ELI】【ALI】【DELI】
などなど。
時には『何故そうなるっっ?苦笑』という間違いも。

こうして、私の『名前を正確に書いてもらおうチャレンジ』が始まったのです。




- Your name?
- エリ

上記のやり取りだけだと、大抵【ELI】と書かれます。

そこでこうする。

- Your name?
- エリ。イー・アー・アイ

これで完璧に【ERI】と書いてもらえます!
キーポイントは "アール" ではなく "アー" と、口の中で舌先をグルンと折り返すようにして言うことです。

アール、というと大抵Lで書かれました。

その原因を考えてみた時、日本語の発音において、私たちがLとRの発音を区別していないこと、を思いつきました。
ですから、私が "アール" と言うと、最後の "ル" がLに聞こえてしまうようです。

どうしても "アール" で伝えたいときは最後の "ル" をイタリア語のように巻き舌で発音することをオススメいたします。



スタバの話から、何故かLとRの話に変わってしまいましたね。
これはどのヨーロッパ言語を話すときでも重要なことですし、歌う時だけではなく、日常の会話の中でも、その区別の重要性を感じた思い出でもあったので、書き留めてみました。

次回は24日コンサートの稽古風景など、お届けしたいと思っております。

ではまた〜😘



北の大地から、母の愛!

皆さま、こんにちは!
東京は久しぶりに青い空が見えております☀️
暑いのは苦手ですが、空の青さは元気をくれます。足どりも軽くなる😄!

ところで、夏といえばビールが身体に染み渡る瞬間が最高ですよね。
私はビールが大好きです。

そして、そんな私に実家の母からプレゼントが😍

☆サッポロクラシック☆

母よ、ありがとう!これで暑い夏の夜を乗り切ります!!(飲み過ぎ注意、ですね。)



夏といえばでもう一つ。
アイスクリームも欠かせないですね🍨
というわけで、ちょっと贅沢をしてハーゲンダッツを購入。至福の時間♫
二層の抹茶の甘みとほろ苦さ、練乳と黒蜜のまったりとした旨さが最高の一品でした‼️

今日はプレミアムフライデーなのですね。今朝ラジオを聞くまで全く気がつきませんでした。

私はこれから24日コンサートの台本読み合わせ稽古です📚
プレミアムな時間にしてきます!
Che bella vita!
      〜嗚呼、素晴らしき珍生!〜】 
2017年8月24日(木) 18:30〜
イタリアンレストラン サン・ミケーレ


ではまた😘