東京は梅雨が明けました٩(^‿^)۶

皆さま、こんにちは!
連日のゲリラ豪雨や雹、雷に突風など、何かと怖いお天気が続いています。
また、暑さのせいか、私の周りでは体調を崩してしまう方もチラホラ。
身体の声に耳を澄まして、暑い季節を元気に乗り切りたいものですね!!



さて今日は、前回のブログでご紹介したコンサート【ACCORD】についての続編を少し。

本プログラムを終えて出演者の皆さんが揃って出てこられ、アンコールに一曲、ということに。
演奏曲は夢みたものは

やられました。
完全にハートをもっていかれた感じ。
お三方の素晴らしいハーモニーに目から水が、鼻からもみ(以下省略)。



皆さまはこの曲をご存知でしょうか?
立原道造さんの詩に木下牧子さんが曲をつけた合唱曲です。
ソロ用の譜面もあります。
【参考音源 (女声三部合唱)】

https://youtu.be/wHPbMBZjeaY



私がこの曲を初めて聞いたのは中学一年生の時。大麻東中学校合唱部の女声三部合唱でした。


この曲の美しい音と言葉が、やわらかい風のように私の周りを吹き抜けていったような感覚を、今でもはっきりと覚えています。


当時の大麻東中は佐藤美由紀先生がご指導なさっていて、中学生の素直な響きの声を伸びやかに引き出し、かつ日本語の発音の美しさが際立つ、素敵な団体でした。

今だからなおさら、その凄さが分かります😮😮😮


この曲がずっと好きで、聴くたび、口遊むたび、本当に心が震えるように、身体の中の何かが細かく振動し、熱を持ちます。

私を幸せにしてくれる言葉と音楽を、大切にしていきたいと思います。




この曲も"いつかコンサートで歌いたいリスト"に入っております♡


ではまた😘