師匠

イマコソソノトキ!

12月になりましたね。皆さま、おはようございます!今年もあと29日で終わりとは…。本当に早い、はやい、ハヤイ💨💨💨
と驚いているものの、時の流れは止められない。この時期は来たる新しい年に向け、やり残したこと、次にやらねばならないことを考えていきたい時でもあります。

そこで出てくるのが今週月曜日に受けたろロンドンの師匠のレッスンです。


この日のレッスンには、あるオーディションの課題曲を持っていきました。
しかしこの役、というかこのオペラ自体はオーケストラの音楽がとても厚く(もちろん熱く)、希望する役が私の声でも頑張れば歌えるかな、という唯一のもの。
そこは師匠も同意してくださり、なんとかオーディションでアピールできるように声の出し方をアドバイスくださいました。

いつものようにレッスンが進むうちに、どんどん声が変わって行き、今まで知らなかった新しい自分の声を見つけることができました💡

そこで今週の師匠のお言葉
『年齢とともに声は変わっていくよ。
まだまだ超高音は出るけれど、中低音の魅力が増してくるし、そこを強化していかなければならないよ。それがエリの新しい声になるんだから!
もう君は20代のピヨピヨボイスのえりではないのだよ〜🐥🐥🐥』

【ぴよぴよ】はさておきましても😅。
そうなのです、声が変化しつつあるのです。それは出る音域が変わったということではなく、音質が確実に変わってきています。
何となく、『次の一年は変化の年かも』と感じてはいたものの、師匠のひと言でグッと気持ちが固まりました。

来たる新しい年はチャレンジの年と設定し、レパートリーも演奏スタイルも、新しいものにどんどんチャレンジしてみようと思います。
もちろん、今まで築いてきたものはこれからも大切にしていきます。

皆さまにも、新しいソプラノ 倉本絵里をスローペースでも発信していけるよう、邁進してまいります٩( ᐛ )و

とまぁ、なんだか年末の投稿みたいになってしまいましたが 苦笑、残りひと月を元気に過ごしたいものです!

ではまた〜😘








ユニークな例え!

皆さま、こんばんは!22日は待ちに待ったロンドンの師匠のレッスンに、行ってまいりました🎶

彼のレッスンではよく独特の例えが飛び出すのですが、その例えが分かりやすくて私は大好きです❤️

昨日のお気に入りは、
えり、この部分でチワワになっちゃダメだ。
ゴールデンレトリバーでいこう
です。

これだけ聞くと『?』ですよね😅
でもレッスン中はこの表現がしっくり来て、歌唱がより良くなるのです!
今回も貴重な時間となりました。


帰宅後に何気なく過去のブログをチェックしていたらなんと!
ちょうど一年前も彼のレッスンを受けていたことが分かりました。ビックリ‼️
一年前の記事はこちら↓

ではまた〜😘





ありがとう、師匠!

昨日の夕食での疑問。
真っ白なトップスを着ている時に限って、カレー饂飩やトマトソースベースのスパゲッティを注文してしまうのは、一体全体なぜなのでしょうか (@_@) ⁇

こんにちは!ソプラノ 倉本絵里です!またまたスッカリ(もはやシッカリ⁈)ご無沙汰してしまいましたorz.

今日はロンドンのお師匠さまの最後のレッスンへ行ってきました🚋💨💨
レッスンはまず、私の困っていること・気になることの確認から。拙い英語でナントカ説明して、それを解決すべく、ウォームアップをかねて色々な発声練習をして、原因を探っていきます。
そして、最後に曲を使って実際に自分の体と声でその解決法を確認します。

これはあくまで私のやり方。1時間はあっという間。何が問題なのかを自分で把握してからじゃないと、ロスタイムが多くて勿体無いんです 苦笑。
レッスンには "歌いこむ" だけではなく、『できるようになった事・まだできない事・こういう風に歌いたいという理想』を見つけていく復習・予習を大切にしています。

ちなみに、今日びっくりした師匠の表現は、
【Fruits】のtsの発音は
       もっとウェットだぜ
です😵💡💡💡

ロンドンへ行って思ったことは、発音の特徴を表現する言葉が多様だな、ということですね。
もちろん、日本語もそうなのでしょうが、何せ母国語なので、あまり口に出して説明する機会はありません。
wet, dry, crisp, juicyなどなど。あぁ、楽しくて堪らない✨✨

久しぶりに語学オタクっぽい喜びスイッチが入りました♡

メサイアの英語も、もっと細かく研究しなければ!
ではまた〜♫


待ち人、ついに!

アントニオ猪木さんの画像を検索しました、ソプラノ 倉本絵里です!こんばんは、皆さま。元気ですかー

急な始まり方でビックリさせてしまいましたでしょうか?
ですよね 笑。
私はプロレスについてはトント詳しくありませんが、ロンドンの師匠とのレッスンでは良く出てくるんです、イノキ氏が。

あ、以前お話しした師匠、ロンドンから来日されました〜😆✨✨そして昨日は主人に伴奏をお願いして、初レッスンに行ってまいりました!

歌のレッスンになぜアントニオ猪木?と思いますよね。これは、歌う時のアゴの動きに関係があるんです。
師匠の教えをざっくり説明すると以下のようになります。
『日本人は歌うとき、顎を下げるように口を開けるね。でも、それじゃあいい声は出ない。INOKIのように、顎を前方へグラインドさせてから口を開けるんだ。すると顎に余計な力が入らないだろう?西洋人は普段からこの顎の使い方をしているけど、日本人はそうじゃない人が大半だ。だから、歌う時は気をつけて、立派なINOKIになれ!

誰が師匠にINOKIを教えたのかはわかりませんが 笑、非常にイメージしやすいですよね。
これ、実際にやってみて『それでいい!』って言ってもらえるイノキ具合が、自分では結構なしゃくれに感じます😅でも、鏡で確認するとそんな風には見えないし、むしろ歌い顔も自然になるんです。不思議ですよね〜。

私の師匠は "発声コンサルタント" と言って、声帯・咽頭・口の中(舌・歯・軟口蓋・硬口蓋等)・顎などと、発声時に関連する体のあらゆる筋肉との連携を、個人個人に合わせて分かりやすく体感させてくれます。

まぁ、簡単に言えば、彼の指導を受けると理解・実感・再現が容易にできるようになるんです!
もちろん、言語や音楽性に関してもきちんと聞いて指摘してくださいます。

2年ぶりに受けたレッスン、やはり刺激的でしたね。時間があっという間でした😵
あと数回、レッスンしていただこうと思うので、準備をしっかりしなくちゃ!!

…私の英語(特にspeaking)、想像はしていましたが、赤ちゃんレベルにまで落ちこんでいて、軽くショックを受けましたorz. 貴重な時間を無駄にしないために、そちらの準備もしなくては、と思う、寒〜い一日でした。

待ち人、(もうすぐ)来たる!

今日は気持ちの良い秋晴れ🍁🍂でしたね。

でも朝晩の気温を考えると、お布団をそろそろ厚手の物にしなくちゃ~、と考えているソプラノ 倉本絵里です!


突然ですが、11月には私が心から楽しみにしているイベントがあります。それは


ロンドンの師匠の来日です!!


本っっっっ当に嬉しい😆😆😆

まだ東京での予定が分からないらしく、レッスンを受けられるかは定かではありませんが、すごーく会いたかったので、それだけで気持ちが晴々としております。


あの曲も、この曲も聞いてもらいたい、と欲張ってしまいますが、興奮を抑えて、吟味して待ちましょう。そうしましょう 


季節の変わり目は体調を崩しやすいですが、師匠来日に向けて、コンディション調整を念入りにいたしましょう。そうしましょう 


皆さまも、朝晩の冷え込みにはお気をつけくださいね。ではでは~♫