発声

休みの日には!

皆さま、こんばんは!ソプラノ 倉本絵里です!

この頃は夕陽の美しさについ足を止めてしまいます。昨日は赤く、一昨日は金色だったそれは、大気が夏から秋に完全に変わったことを教えてくれているようですね。
☆一昨日の夕陽☆



さて。
今週・来週は《てかがみ》の稽古がお休みです。というわけで、休みの時こそじっくりゆっくり取り組めること = 発声の修正を重点的に行なっております。



作品の創作に取りかかったり、とりわけオペラなどの立ち稽古(演技付きの稽古)が始まると、演じるキャラクターの感情に発声が引っ張られてしまうのが、私のまだまだ未熟なところ😖

《てかがみ》で私が演じている武田亮子に与えられている音楽は私の声には少しだけ重い私の声が持っているよりもドラマティックな色や音量を必要としている)ため、どうしてもベストな発声から外れてしまいがちです。

しかし、いい演技はいい声(歌唱)からが私のモットーなので、時間が空いた時は自分のレパートリーである楽曲を使って発声の見直し・問題点の洗い出しをし、次の稽古で色々と試せるよう準備をします。
(稽古では沢山のシーンを限られた時間で仕上げなければならず、自分が試してみたいと思っている箇所を歌えるのは一度か多くて二度。準備の段階で『今日はこれを試す!聞いてもらう‼︎』と決めていかなければ、すごく勿体無いことになってしまう、と私は思っています。)

昨日は主にW.A.モーツァルトやG.F.ヘンデルの曲を使って、じっくりと丁寧に、自分の声や体と向き合う時間が取れました。ひと安心。

やるべき事は見えたので、練習はコツコツ地道に、でも披露する歌は大きなスケールで、を目指してまいります!

ではまた😘













日々の暮らしの中に!

前回の日本橋訪問のオマケ的日記。

皆さまは日本橋タカシマヤのエレベーターに乗ったことはおありでしょうか?
老舗の百貨店らしく、エレベーターガールが勤務(乗務?)していらっしゃるんですよ♡

改めて観察してみると、姿勢や所作の美しさはもちろん、その発声の見事なこと!!

たまたま私が乗ったエレベーターのお姉さん(たぶん私よりお若い)がすごく良かったのかもしれませんが(上りも下りも同じ方の担当するエレベーターだったので比較できず)。
身体をしっかり使って支えられた息が鼻腔・口腔にバランスよく響いて、レガートでいながらも滑舌よく、スピードもちょうど良くて耳に優しく入ってくるのだから、もうウットリ・ニヤニヤが止まらない。職業病ですね😅
どんなトレーニングをなさっているのか、大変気になります。ボイストレーナーさんが付いているのでしょうか??

あまりの素晴らしさに、私一人しか乗っていなかったので下りがけに、「素敵なお声ですね」と声をかけさせていただいたら、150パーセントの笑顔で『恐れ入ります。どうぞお気をつけて。』とお返事をいただいて、ますますウットリな私😍
(本当は、素晴らしい発声ですね!と伝えたかったけれど、さすがに引かれるな、と思い、自粛 笑)

日々の暮らしの中にお手本は溢れていますね。見逃さないように、毎日を大切に過ごしたいものです♥️

☆本当にあるよ、日本橋☆

☆タカシマヤの入口は春〜☆