発音

私の名は!

こんばんは!ソプラノ 倉本絵里です!

一昨日のことになりますが😅
24日コンサートhttp://soprano-kuramotoeri.blog.jp/archives/22460085.html の初立ち稽古ということで、早めに練習会場の最寄り駅まで行き、スターバックスでコーヒーをいただきながら、 送付するチケットにお付けする手紙を書いたりしました


一昨日はすごーく暑かったので、私にしては珍しくアイスのカフェラテを。
スタバの店員さんは時々、こうしてメッセージを書いてくださいますね。ほっこりします😌

これを見て思い出したのは、ロンドンでの私の密かな挑戦です。

ロンドンだけではないかもしれませんが、彼の地のスタバでは取り間違いが起こらないよう、オーダーの際に客の名前を尋ねてカップに書き、受渡しの際に名前を呼ぶ、というシステムがありました。(今もそうかな?もう3年も前の話なので😅)

私の名前【ERI】は、ロンドンでは馴染みがなく、なかなか聞き取ってもらえませんでした。
よく間違えられたのは、
【ELI】【ALI】【DELI】
などなど。
時には『何故そうなるっっ?苦笑』という間違いも。

こうして、私の『名前を正確に書いてもらおうチャレンジ』が始まったのです。




- Your name?
- エリ

上記のやり取りだけだと、大抵【ELI】と書かれます。

そこでこうする。

- Your name?
- エリ。イー・アー・アイ

これで完璧に【ERI】と書いてもらえます!
キーポイントは "アール" ではなく "アー" と、口の中で舌先をグルンと折り返すようにして言うことです。

アール、というと大抵Lで書かれました。

その原因を考えてみた時、日本語の発音において、私たちがLとRの発音を区別していないこと、を思いつきました。
ですから、私が "アール" と言うと、最後の "ル" がLに聞こえてしまうようです。

どうしても "アール" で伝えたいときは最後の "ル" をイタリア語のように巻き舌で発音することをオススメいたします。



スタバの話から、何故かLとRの話に変わってしまいましたね。
これはどのヨーロッパ言語を話すときでも重要なことですし、歌う時だけではなく、日常の会話の中でも、その区別の重要性を感じた思い出でもあったので、書き留めてみました。

次回は24日コンサートの稽古風景など、お届けしたいと思っております。

ではまた〜😘



ありがとう、師匠!

昨日の夕食での疑問。
真っ白なトップスを着ている時に限って、カレー饂飩やトマトソースベースのスパゲッティを注文してしまうのは、一体全体なぜなのでしょうか (@_@) ⁇

こんにちは!ソプラノ 倉本絵里です!またまたスッカリ(もはやシッカリ⁈)ご無沙汰してしまいましたorz.

今日はロンドンのお師匠さまの最後のレッスンへ行ってきました🚋💨💨
レッスンはまず、私の困っていること・気になることの確認から。拙い英語でナントカ説明して、それを解決すべく、ウォームアップをかねて色々な発声練習をして、原因を探っていきます。
そして、最後に曲を使って実際に自分の体と声でその解決法を確認します。

これはあくまで私のやり方。1時間はあっという間。何が問題なのかを自分で把握してからじゃないと、ロスタイムが多くて勿体無いんです 苦笑。
レッスンには "歌いこむ" だけではなく、『できるようになった事・まだできない事・こういう風に歌いたいという理想』を見つけていく復習・予習を大切にしています。

ちなみに、今日びっくりした師匠の表現は、
【Fruits】のtsの発音は
       もっとウェットだぜ
です😵💡💡💡

ロンドンへ行って思ったことは、発音の特徴を表現する言葉が多様だな、ということですね。
もちろん、日本語もそうなのでしょうが、何せ母国語なので、あまり口に出して説明する機会はありません。
wet, dry, crisp, juicyなどなど。あぁ、楽しくて堪らない✨✨

久しぶりに語学オタクっぽい喜びスイッチが入りました♡

メサイアの英語も、もっと細かく研究しなければ!
ではまた〜♫