6月が終わる前に!

IMG_4673
皆さま、こんばんは!
なんだか日々が淡々と過ぎていきまして6月に一度もブログを更新しないまま終わってしまうところでした!アブナカッタ!!






6月は感謝のひと月でした。

結婚してあっという間に11年がすぎて12年目に突入。
記念に?行ってみたかった大哺乳類展に連れて行ってもらったり、SNSで見かけて『食べてみたいね〜』と言っていた限定のあんみつを食べに行ったりしました。
IMG_4618
IMG_4615



また、Amazonプライムビデオで大好きな映画《天使にラブソングを》と《天使にラブソングを2》が視聴できるようになりました。
この二作品は《メリー・ポピンズ》に次いで私が歌っていいな、誰かと声を合わせるって素敵だな、と心を動かすきっかけとなった作品。
(これもまたビデオの見過ぎで父によく怒られました。『またこれか!』と 苦笑)


そしてなんと、この公開に合わせて当時のキャストが30年ぶりに集まって収録曲を披露するイベントがYouTubeで公開されて、こちらも大ファンとしてはとても胸熱な映像でした!!

6月後半になって喉風邪にかかってしまいました。咳をし過ぎたこと、喉の水分が他のところに取られてしまっていたことなどが重なり、現在、古傷の声帯結節が悪さをし始めてしまいました。
幸いすぐに気がついてかかりつけのお医者様に見ていただきましたので、回復に全力で取り組んでいます。

7月は元気に過ごしたいものです。
皆さまもどうかご自愛くださいね。

ではまた😘


















観劇の楽しさ!

皆さま、たいへんたいへんご無沙汰いたしております!元気でやっております、ソプラノ 倉本絵里です!
花や雲や空、空気の匂いに季節が移っていくのを感じながらコツコツと生きております。



さて。
最近はロシアの音楽作品に魅力を感じ(duolingoでのロシア語学習も地道に楽しく続けています!)、自分で歌ってみたりオーケストラ作品を聞き流したりしています。
新しい出会いを感じることができてささやかな幸せに感謝する日々です。

そんな中、昨夜はこちらを観劇してまいりました。
IMG_4516
IMG_4517
東京バレエ団
創立60周年記念シリーズ6
「ロミオとジュリエット」(J.クランコ振付版)

バレエを観劇するのは一体何年ぶり?というくらい久しぶりでワクワクドキドキしながら上野・東京文化会館に向かいました。

IMG_4509
☆ホワイエの装花☆
お花の上に飾られたスクリーン?のバルコニーシーンを表現しているようです。(キャピュレット家(ジュリエット)はブルー、モンタギュー家はレッドとテーマカラーが決まっていました)
鮮やかな紫陽花はもちろん、近くで見るとフレームのような枝がシルバーブルーに着色されていたりして美しかったです。

IMG_4511

☆ポワント基金☆

ホワイエでは物販に加えてこちらの【ポワント基金】に釘付けに。

基金の詳細は上記リンクをご覧ください。
IMG_4512☆5月24日 ジュリエット役 沖香菜子さんのポワントとメッセージ☆

IMG_4513
☆他ダンサーたちのポワントもたくさん☆

最近YouTubeでバレエ団のチャンネルを観る機会があり、芸事を極め続けることの資金面での難しさ・厳しさ、プロとして成長し続けることと生業として続けることのアンバランスさを改めて痛感しています。
この取り組みを是非多くの皆さまに知っていただきたいです!

IMG_4514
☆多言語のキャスト表とアンケート用紙☆
これも素敵な心配りですね。
他の団体や劇場でもやっていることなのでしょうか?
こういうところも気にしながら他団体の公演も見てみようと思いました。
IMG_4518
☆来場者へ無料プレゼントされていたハンドクリーム☆
ずぼら代表のような私は手のケアにはとんと疎いのですが、バレエダンサーの皆さまは指先まで美しく保つケアをしていらっしゃるのでしょうか??





このように公演が始まるまでたっぷり会場の雰囲気を楽しみました。笑

公演が始まると、なんといってもプロコフィエフの音楽の素晴らしさに改めて感銘を受けました。
「ロミオとジュリエット」といえばオペラ作品のベッリーニやグノーの音楽に触れることが圧倒的に多くて、そのどれとも違う音の豊かさ深さに心奪われました。

また、今回の振付であるジョン・クランコ版は初めて観劇しました。
他の振付家による公演をたくさん観たことがあるわけではないので比較はできませんが、非常に芝居性が高く感じました。
踊りの技術の高さはもちろんですが、音楽と芝居(演技)への理解が非常に重要なのではないかと推測します。

第一幕 バルコニーシーン(『おぉロミオ、あなたはどうしてロミオなの?』が有名なあのシーン)が美しく甘やかで素敵だったのですが、それ以上に第三幕 ベッドシーン(第二幕で殺人をジュリエットの兄を殺したロミオはヴェローナを追放されることになり、土地を離れる日にジュリエットの寝室で目覚めたふたりのパ・ド・ドゥ)の音楽と振り付けがとても気に入りました。


全幕を通して衣装・照明も美しく豪華絢爛、惹きつけられてあっという間の観劇となりました!
やはりライブでの芸術鑑賞はいいですね。表現者・オーケストラ・観客それぞれの呼吸が会場の空気を生み出して揺さぶる。この独特の喜びを感じ続けたいです!!














☆オマケ☆
私は大学院の修了オペラで《カプレーティ家とモンテッキ家》(抜粋)のジュリエッタを歌い、演出家から多くを学びました。
その中で服毒の際の小道具の扱いについて厳しく注意されたことをよく覚えています。
昨夜の公演の振り付けでジュリエットが服毒への恐怖や迷いを表現する際に薬瓶(小道具なのでプラスチック製あるいはビンにテープなどで養生しているはず)をバーーン!と床へ投げつけるのを見て『あ、瓶割れたな…どうやって毒を飲むんだろ…もう床をなめるしか…』と瞬時に考えてしまったのは悲しい職業病ですね。苦笑
IMG_4521
























素敵な我が街!

皆さま、こんにちは!
桜の開花を待ち侘びながら過ごしていたのも束の間、一気に花開いて、そしてもうハラハラと葉桜になりつつあります。
IMG_4177
☆満開の時に見た桜

東京では今回で20回目を迎えた東京・春・音楽祭2024が開催されており、国内外の素晴らしいアーティストが東京・上野に集まっていますね。
SNS上には参加した人・観賞した人の投稿が毎日上がっていて嬉しく拝見しています!






そんな春と音楽溢れる東京をちょっと離れ、私は故郷の北海道に帰省しておりました。
高齢の祖父母に会うための弾丸帰省。
今回は主人の貴重な週末を空けてもらって一緒に!

時の流れのはやさに忙殺されてしまうとついつい『いつでも会える』という思いに至りがちですが、そうではないですよね。

コロナ禍や大きな天災で感じたこと。会いたい人には自分が時間と心の余裕を作って会いに行かなければ、もう二度と会えなくなってしまうかもしれないということ。
忘れずに過ごしたいです。

祖父母と、私たちのために時間を作ってくれた私の父母と、春のひとときを楽しく過ごして『また会いましょう!』と言葉を交わせたことを本当に嬉しく有難いことだと思う二日間でした。

よく食べよく笑いよく歩いた思い出を皆さまとシェアして今日はここまで。
ではまた😘



IMG_4255
IMG_4256
☆六花亭 札幌本店を初めて訪れました。
喫茶室は時間の都合で断念。
雪んこチーズとマルセイアイスサンドをササッと食べました。
やはり六花亭のお菓子は、いい!!

ビルには音楽ホールも入っています(ふきのとうホール・けやきホール)。いつか歌ってみたいです。


IMG_4289
☆北の大地にも春。木々の新芽は少し膨らんできたとはいえまだ茶色、クロッカスやふきのとうは道の端に。雪が少し残るこの季節の香りを久々に嗅いで懐かしく感じました。


IMG_4258
IMG_4253
☆札幌ラーメン!
祖母を見舞って今回の帰省の最大ミッション完了。おやつにラーメン(これでハーフサイズです)。やっぱりラーメンは札幌のラーメンが一番好き!!


IMG_4324
☆我が家の猫たちにも会える時に会っておく。






IMG_4292
☆北海道ボールパークFビレッジにやっと来られました☆

2023年3月にお見えした日本ハムファイターズの本拠地【ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールド北海道)】をメインとするボールパークFビレッジ。
実は我が街・北広島市にあるのですよ!
たまたま球場での試合がなかったので父に頼んで連れて行ってもらったのですが、想像よりずっっっっと格好いい球場で驚きました。


私が若かりし頃に毎日通ったこの辺りは何もない、こんもりと木々が茂るような場所で。(ボールパークは我が母校・北広島高等学校のすぐ横にできました)
こんなに素敵な建物ができたり、日本中から多くの人が北広島に来たりするなんて、露ほども思っていませんでした。
それくらい、のどかな場所だったのです。
人生何があるかわからないですね〜。

FullSizeRender
☆えふたん、というクマのキャラクターが誕生していたとは知らなかった。クマ好き・青好きの私は大興奮!
IMG_4290
☆えふたんはお尻も可愛い


FullSizeRender
☆球場内ではお寿司も食べられます!美味しかった〜


IMG_4319
☆日本ハムファイターズから羽ばたいてメジャーリーグで大活躍中の選手たちの壁画。素敵。


FullSizeRender
☆空港でまたラーメン 笑。こちらも麺少なめでお願いしたのですが結構なボリュームでした。美味しかった!





































夜の美術館!

皆さま、おはようございます!
昨夜私は美術館へ行ってまいりました!

IMG_4126
といっても山種美術館が夜に開館しているわけではなくて、この美術館を会場にした4人の俳優・三味線奏者・ソプラノ歌手・ダンサーによる谷崎潤一郎〈春琴抄〉の朗読劇(40分弱くらいでしたでしょうか?)を鑑賞することが目的でした。

開場から開演まで、そして終演後の短い時間ではありましたが現在開催中の特別展《花・flower・華 2024》の展示物を鑑賞することができ、とても楽しかったです。
私は日本画に触れる機会が多くなくて、水墨画などのグレーや淡い発色の印象があったのですが、差し色のように強烈な存在感を示す鮮やかな色彩や絵の奥の方に見える金銀の煌めき、油彩の濃い赤などに目を奪われました。

山種美術館の次回の特別展は《犬派?猫派?》
犬も猫も大好きですし、日本画も美術館の雰囲気もとても好きになったので是非足を運びたいと思います!

FullSizeRender
※山種美術館ホームページより※

ではまた😘















春といえば!

皆さま、こんばんは!
今日の東京は風がとても強く吹いていて、その風が雨雲を連れてきてはまたすぐに吹き飛ばす、晴れていたかと思えば雨が降ってまたすぐ晴れ、というなんとも不思議な日中でした。

お彼岸の真ん中の本日、私はお休みでしたので近所をフラフラ。
これから新生活を始めるような方もチラホラ見かけて、あぁ春だなぁと感じました。

そう、春は新しいことに出会える季節です。
私は最近【Duolingo】というアプリで語学学習を始めました。
ようやく始めた、と言ったほうが正しいかもしれません。存在は知っていたのですが何となく始める機会を逃していました。

これ以上忘れないようにというのはもちろんなので英語を、そして何か全く触れたことのない言語を始めようと思い立ち、ロシア語をチョイス。毎日少しずつ、楽しみながら進めています。

ロシア語はロンドン留学時代、ロイヤル・オペラハウスのヤングアーティスプログラムにゲスト参加していた際にネイティヴの方に習ってアリアを1, 2曲、勉強しました。
その時は先生が発音を全て楽譜に書いてくださったのでそれを読んで聴いて覚えて、とやっていたのですが、如何せん、その曲の詩だけしか読めない状態。
Duolingoでの学習を通して、キリル文字の発音をひとつずつ覚えたり、行く行くは発語のきまりなども理解していけたら良いな、と思います。
美しいロシア語の歌曲やオペラアリアなども歌ってみたいです。

春といえば、私は毎年必ず友人にバースデーカードを書きます。
花粉で鼻がムズムズして、空気が温まって、春の花がそこここに咲き始めると、その年に送るカードを探します。
この一連の流れの中に身を置くと春だなぁ、と感じます。
IMG_4105
☆ユキヤナギ

IMG_4110
☆ネモフィラ


今年はまだ桜のピンクを目にしていない私。
空が見えなくなるくらいのピンク色を探しに出掛けてみようかな。
皆さまも素敵な春をお過ごしください!
ではまた😘