2024年03月

夜の美術館!

皆さま、おはようございます!
昨夜私は美術館へ行ってまいりました!

IMG_4126
といっても山種美術館が夜に開館しているわけではなくて、この美術館を会場にした4人の俳優・三味線奏者・ソプラノ歌手・ダンサーによる谷崎潤一郎〈春琴抄〉の朗読劇(40分弱くらいでしたでしょうか?)を鑑賞することが目的でした。

開場から開演まで、そして終演後の短い時間ではありましたが現在開催中の特別展《花・flower・華 2024》の展示物を鑑賞することができ、とても楽しかったです。
私は日本画に触れる機会が多くなくて、水墨画などのグレーや淡い発色の印象があったのですが、差し色のように強烈な存在感を示す鮮やかな色彩や絵の奥の方に見える金銀の煌めき、油彩の濃い赤などに目を奪われました。

山種美術館の次回の特別展は《犬派?猫派?》
犬も猫も大好きですし、日本画も美術館の雰囲気もとても好きになったので是非足を運びたいと思います!

FullSizeRender
※山種美術館ホームページより※

ではまた😘















春といえば!

皆さま、こんばんは!
今日の東京は風がとても強く吹いていて、その風が雨雲を連れてきてはまたすぐに吹き飛ばす、晴れていたかと思えば雨が降ってまたすぐ晴れ、というなんとも不思議な日中でした。

お彼岸の真ん中の本日、私はお休みでしたので近所をフラフラ。
これから新生活を始めるような方もチラホラ見かけて、あぁ春だなぁと感じました。

そう、春は新しいことに出会える季節です。
私は最近【Duolingo】というアプリで語学学習を始めました。
ようやく始めた、と言ったほうが正しいかもしれません。存在は知っていたのですが何となく始める機会を逃していました。

これ以上忘れないようにというのはもちろんなので英語を、そして何か全く触れたことのない言語を始めようと思い立ち、ロシア語をチョイス。毎日少しずつ、楽しみながら進めています。

ロシア語はロンドン留学時代、ロイヤル・オペラハウスのヤングアーティスプログラムにゲスト参加していた際にネイティヴの方に習ってアリアを1, 2曲、勉強しました。
その時は先生が発音を全て楽譜に書いてくださったのでそれを読んで聴いて覚えて、とやっていたのですが、如何せん、その曲の詩だけしか読めない状態。
Duolingoでの学習を通して、キリル文字の発音をひとつずつ覚えたり、行く行くは発語のきまりなども理解していけたら良いな、と思います。
美しいロシア語の歌曲やオペラアリアなども歌ってみたいです。

春といえば、私は毎年必ず友人にバースデーカードを書きます。
花粉で鼻がムズムズして、空気が温まって、春の花がそこここに咲き始めると、その年に送るカードを探します。
この一連の流れの中に身を置くと春だなぁ、と感じます。
IMG_4105
☆ユキヤナギ

IMG_4110
☆ネモフィラ


今年はまだ桜のピンクを目にしていない私。
空が見えなくなるくらいのピンク色を探しに出掛けてみようかな。
皆さまも素敵な春をお過ごしください!
ではまた😘

















日々を過ごす。

皆さま、こんにちは!気がつけば3月も三分の一が終わってしまいます。私は毎日まいにち何をしているのか 苦笑。

皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
私は今日、石川県珠洲市で年始からずっと続いていた断水が一部であるが解消された、というニュースを見て、正直、愕然としました。
各ライフラインを担う方々が一所懸命に仕事をしてくださっていると感じますが、なかなか思うように回復しない部分もあるのだな、と改めて思いました。

明日は3月11日。東日本大震災から13年。
東北をはじめ、近年の震災で亡くなられた方すべての御霊に哀悼の意を表すとともに、被災された・被災なさっている方に心の平安が訪れるよう、日本人の生き抜く力を信じられるよう、強く祈る時間を持ちたいと思います。




さて。
前回のブログ記事を書いてから今日まで、いくつかの演奏会に足を運んだり、旧友や演奏家の仲間と話したりする時間を持ちました。
インプットの時間ですね。
聴いた音楽には全て、それを奏する者の大切にしているもの、これから目指すものが表れていて感銘を受けました。
さて、私はどうする?といった感じですね。

何かが自分の中に生まれてくるのを、インプットを続けながら今はじっと待っています。
適度に焦って、適度にのんびりと、やってみたいと思います。

ではまた〜😘



IMG_3922
☆春らしいカップ


IMG_4009
IMG_4011
☆以前ブログで宣伝しましたこちらの演奏会。久しぶりのムジカーザでの鑑賞はやはりピアノと声が素晴らしく響いていました。後藤さんのMCも楽しく、あっという間の2時間でした!

IMG_4012
☆毎年恒例の沈丁花。香りを嗅いだときに今年はふと、幼い頃に祖母の鏡台の前に立った思い出が湧き上がってきました。
記憶と結びついた香りや温もり、音が自分の中にどれくらいあるか、これからどれくらい・誰とそれを作っていけるか、が私の財産になるのかな、などと…。

IMG_4015
IMG_4066
☆ビールは適量を定期的に、楽しく!