皆さま、こんにちは!ソプラノ 倉本絵里です!

IAW主催 オペラ《カルメン》が昨夜無事に幕を下ろしました。
昼公演・夜公演共に多くのお客様にご来場とご高覧を賜りまことに有難うございました。
東京での私のオペラ出演は本当に久しぶりでしたが沢山の方が応援に駆けつけてくださり、心を強く保つことができました。
また、会場にいらっしゃらない方からも激励のメッセージを頂戴し支えられて生きていることの有り難みを心に刻むことができました。

【濃縮版上演】とはいえ一日二回公演、昼公演と夜公演の間は1時間もない極限状態の中、芸術とそこに宿り続けるスピリットをその背中で伝え続けてくださった主演のチョン・ウォルソンさん、演出の三浦安浩さんをはじめとする演出部、小編成とは思えないリッチなサウンドで作品を満たしてくれたコセフィルオペラバンド、共演の歌手たち、衣装・ヘアメイク・照明などの各部スタッフの皆さま、IAW事務局各位、本当にお世話になりました。




今できること、今の年齢の自分ができていなければならないこと、そういったものを舞台で歌っているその瞬間も冷静に考え行動することができた実りあるミカエラデビューとなりました。

さぁ、次のステップへ!
ソプラノ 倉本絵里
IMG_2949































IMG_2951
主人でコセフィルオペラバンドのリーダー 巨瀨励起と。

本番前のバタバタと私の緊張のせいで二人で写真を撮れたのはこの一瞬だけでした 苦笑。

いつもながらたくさんの叱咤激励をありがとう!
あなたが作る音楽と共に作品の一部となれたことがとても光栄でした。
心労をかけ続けるパートナーですが、これからもよろしくお願いしますね!!