皆さま、こんにちは!ソプラノ 倉本絵里です!
9月30日にミカエラにさようならを告げて、その翌日には完全に頭をこちらにシフトチェンジ、10月10〜13日のG.P.と本番を務めてまいりました。

文化庁
令和5年度
文化芸術による子供育成推進事業
舞台芸術等総合支援事業(学校巡回公演)

ミラマーレ・オペラ
オペラ《てかがみ》 武田カヨ



このブログを昔からご覧くださっている方にとってはとても耳馴染みのあるオペラ名かと思いますが、初めて目にする方も多いと思いますので少し説明を。

オペラ《てかがみ》は池辺晋一郎さん作曲・平石耕一さん台本、2001年の新潟県を舞台にした二幕から成る作品。
1945年8月と2001年8月1日を行ったり来たりしながら、戦争の悲惨さと生きていくことの尊さ、過去を忘れることなく明日を新しい世代に繋げ、力強く未来を切り拓き続けることの大切さを伝えます。
学校巡回事業には平成27年度から毎年採択、今年度は9年目となりこれまでに日本各地の小中学校で公演を重ねています。
また、歌唱に加え小編成ながら迫力あるオーケストラ演奏、ホールでの公演にも劣らない舞台セット・照明・映像・音響・ヘアメイク・衣装を用いることでなかなかオペラに触れる機会のない子どもたちにも『総合芸術 オペラ』を体験してもらえるコンテンツとなっています。

作品としては2001年の新潟県での初演以来、石川県、神奈川県、東京都で全幕上演を続けるとても歴史のあるオペラです。また、2020年および21年の東京都での公演は岩田達宗氏の新演出による公演でした。



さて。
ここまでは《てかがみ》の説明。
ここからは【私の《てかがみ》】のお話しを。

私はロンドン留学から戻った翌年の2015年、ミラマーレ・オペラ代表であり私の母校・昭和音楽大学で教鞭をとっていらした声楽家の松山郁雄さんと新国立劇場オペラ研修所でお世話になった演出の三浦安浩先生からお声がけいただき【武田亮子(主役の武田勇一の娘/小学校教諭/2001年8月1日に長岡市でアメリカ人で同じく学校教諭のジョン・ターナーとの結婚式の真っ最中)】としてキャスティングいただき初年度の学校巡回公演に参加いたしました。
FullSizeRender
D9778330-DDE9-4A39-BDC1-3D9449315CF1


参加して三年目となる2017年は故郷 北海道が巡回地域に含まれており、祖父母にオペラ歌手としての孫の姿を見せることが叶いました。また、稽古ピアニストそしてオーケストラのピアノを担当している主人とも東北で共演することができました。
IMG_3062

FullSizeRender


次に私が《てかがみ》に巡り会ったのは2020年。
先に述べたとおり東京で新演出・全幕上演のためのオーディションがあると知り【武田カヨ(武田勇一の母/亮子の祖母/1945年8月1日の長岡大空襲で命を落とす】にチャレンジし合格、カヨさんデビューを果たしました。FullSizeRender


そして2023年10月。
学校巡回公演でも【武田カヨ】としてデビューしました。
私にカヨさんとの再会のチャンスをくださった代表の松山さん、演出の三浦先生そして指揮の樋本英一先生に深謝いたします。
亮子の時とは違って直接的に子どもたちと絡むシーンはありませんが、カヨさんの想いが時を超えて今を生きる彼らに届きますように、と心を込めて歌わせていただきました。
IMG_3026


有り難いことに今回も主人と共演させていただきました。
カヨさんは私の声には少し重たい役で(それでも2020年デビュー時に比べればふくよかに表現できるようになったと感じています)、毎日まいにち挑戦調整の連続。マエストロとは別に常に私の歌を聴いて細かくアドヴァイスをしてくれた主人には頭が上がりません。
IMG_3022
IMG_3051


私の出番は10月13日で終了しましたがカンパニーは第二クールに突入、本日15日〜20日にかけてG.P.と本番4回を控えています。
子どもたちの心に平和の尊さ・生きることの力強さ・互いを尊重し認め合うことの大切さが届きますように!!


最後に。
公演は全て学校の体育館で行われ、カンパニーメンバーは歌唱のみならず舞台の仕込・バラシ・そのための搬入・搬出(舞台セット組み立て・照明はじめ技術部に必要な機材のセッティング・体育館ステージ内に楽屋を作る→終演後はそれらを全て撤去して次の公演場所に向けてトラックに荷物を詰め込む)、体育館の原状回復までを行います。
メンバー全員の安全と健康を心から祈ります。



長くなりました!
思い出シェアはまた次の機会に。
ではまた😘