皆さま、こんばんは!
東京は日中こそ少し汗ばむような気温ですが朝夕は涼しくカラッとしたお天気で、高い空と薄い雲、そして時々薫ってくる金木犀にワクワクするようになりました。
IMG_3126
この季節、ようやくお気に入りのブーツと革ジャンを身につけられるようになるので私はテンションが上がります。
普段から歩くスピードが速めの私ですが(誰かとご一緒する時はその方のスピードに合わせられるように気をつけます)、少ししか続かないこの季節を楽しむように、ついついさらに歩幅大きく元気に歩くようになってしまいます。





さて。
前置きはこれくらいにして少しだけ学校巡回公演《てかがみ》の思い出をシェア。
ではどうぞ!



IMG_2998
☆稽古にはやはりこの靴で☆

汚いですよね?苦笑
これは2020年てかがみの時にスタッフさんの手によって『汚し(ヨゴシ)』を入れてもらった私の大切なたいせつなカヨさんシューズです。自前の靴を汚して本番の衣装として着用していたので持ち帰っていました。
2023年てかがみ稽古に参加すると決まったその日、すぐに靴箱の奥に眠らせていたものを引っ張り出してよくよく陰干しをして準備しました。
これを履くと足元からカヨさんスイッチが入るから本当に不思議です。

稽古場では共演者たちから『本番の衣装?』と何度も聞かれましたし、稽古ピアニストの主人からは『やっぱりすごく汚いねぇ(苦笑)』と言われました。笑。
学校巡回には別のシューズを上履きとして持参しました。さすがに学校の先生たちをびっくりさせては申し訳ないので!



IMG_3122
☆お久しぶり、のムラさん☆

今年度の《てかがみ》は第一クールと第二クールでソリストが違います。(シングルキャストの役もあり)
第二クールの杉本監督役はバリトンの村松恒矢さんです。

彼とは新国立劇場オペラ研修所の13期生・14期生として2年間を共に過ごしました。研修所を修了した後、《てかがみ》が学校巡回公演として採択された初年度から三年間、一緒にプロダクションに関わってきた彼。
数年を経て本当に久しぶりに一緒の現場に入ることができました。
日本オペラ振興会やそのほか本当に大きな舞台でいくつもの大役を務めているムラさん。美しい日本語歌唱にはより磨きがかかり、繊細な表現から空気を振るわせる大胆な表現まで多くの引き出しを持っていて稽古場でたくさん勉強させてもらいました!
稽古最終日の稽古場退館直前に記念に一枚撮ってもらった写真で撮り直す暇もなく私の髪の毛がボッサボサですが(苦笑)記念にあげておきます。



IMG_3007
IMG_3013
☆出発☆

旅のはじまり。
初めて買ってみたら私の好みどストライクだったアイスコーヒーと【良いパフォーマンスはエネルギーチャージから】ということで東京駅で駅弁をゲットしていざ、いざいざ!!
(とても美味しいお弁当でしたが緊張が始まっていたので味はあまり覚えていない)



またもや長くなったので思い出シェアはvol.2に続きます。(内容はいつもどおり大したことないものだと思いますが)お楽しみに〜☆

ではまた😘