皆さま、こんばんは!ソプラノ 倉本絵里です!

連日の猛暑、突然の豪雨などに身体が追いついていかない毎日ですね。
適切な水分・塩分補給や室温調整などを行ってどうぞご自愛ください。

さて、タイトルのとおり本日から、
始まりました!2024《てかがみ》のたび!
IMG_4830


2024年度も文化庁による【文化芸術による子供育成推進事業 舞台芸術等総合支援事業(学校巡回公演)】のひとつ、NPO法人ミラマーレ・オペラ制作・池辺晋一郎 作曲 オペラ《てかがみ》に武田カヨ役で参加しています。
今年度は東京都・千葉県・山梨県・茨城県の14校、そのうち私は今日を含めて七校にお邪魔いたします。

本日は2024年《てかがみ》の旅スタートとなる第一回公演でした。
空調があるとはいえ、暑い体育館の中で集中して観劇し作品の一部となってくれた学生さんたち、準備にご尽力下さった学校の先生をはじめとする関係各位に感謝申し上げます。

また本日お邪魔した学校は、なんと指揮の樋本英一先生の母校でした!オペラ公演後にはマエストロの講話の時間もあり、後輩さんたちはこちらもしっかりと聞いてくれていました。
母校凱旋、素敵ですよね!私もいつか自分の母校で歌えたらいいな、羨ましいな、などと思ってしまいました。





本日の公演を迎えるにあたり、私としては今まで経験したことがないような心配事を抱えながらの日々でした。
その事はまた別の機会に記事にしてみようかな、と思っています。需要があるかは分かりませんが 笑。

さて、第二回公演は10月に入ってからです。
それまでに音楽稽古や立ち稽古を重ね、カンパニー全員でいつでも新鮮な気持ちで作品に真摯に取り組み、時代と命を繋ぐことの大切さ・尊さを10年目となる《てかがみ》の旅でも伝えていきたいと思います。

では、また😘
IMG_4835